髪の毛に優しいノーシャンプーなら安心して使用可能

男性

頭皮に優しい洗い方

男性

脂分を摂り過ぎない

現在、身体を洗うことに関しては以前とは異なる方法がよいとされています。歯の磨き方にしても20年前とはかなり変わりましたし、体の洗い方もたわしでゴシゴシ洗うのは避けて、手でやさしくなでるように洗うのがよいと言われています。体同様に髪の洗い方も変わってきました。シャンプーは脂分を取り除くためには便利なものですが、毎日シャンプーを使わなければならないほど、脂分を出す人は少ないです。シャンプーの使い過ぎは、必要な脂分まで取り除いてしまい、髪の毛をパサパサさせてしまう原因でもありますし、頭皮を痛めることにもつながります。なので、今はノーシャンプーがよいとされています。ほこりや汚れなどはぬるま湯ですすぐだけで落とすことができるので、ノーシャンプーは髪に必要な脂分を残し、頭皮によい作用をしてくれる菌も残すことができます。また、シャンプーには化学物質も多く含まれているので、すすぎ残しがある場合、髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまいますが、ノーシャンプーではその心配もありません。もちろん、頭皮から分泌される脂分は人によってかなり違います。遺伝的なものもありますし、食べるものによっても異なってきます。なので、ノーシャンプーが合う人と合わない人がいます。脂分が出過ぎな人はシャンプーを使わないと頭皮が脂っこくなってかゆくなってしまいます。脂っこい食事を避けるなどして体質を変えてからノーシャンプーにします。ノーシャンプーは髪を水やぬるま湯ですすぐだけですが、それだけでは髪に潤いがなくなってしまうという人のためにノーシャンプーのためのヘアケア商品も売られているので、それを利用するのをおススメします。